【足】足指トレーニング、牧神の蹄(足の感覚トレーニング)

足の重要性については、これまでに執筆してきた書籍でも述べてきました。ですが、文章では表せないことがたくさんあります。ひとそれぞれに体の状態が違いますから、当然、足の状態もひとそれぞれです。当院では、来院された方の足の状態に必要なトレーニングを指導しています。

院長:中村考宏

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師。2020年三重県桑名市多度町にえにし治療院を開院。股割り歴20年、MATAWARI JAPAN 代表。パーソナルトレーニング。著書「骨盤おこし」で体が目覚める(春秋社)、趾でカラダが変わる(日貿出版社)、他多数。メディア「anan」「クロワッサン」「Tarzan」などで「骨盤おこし」「足指」を紹介。NHKテレビでコロナ禍の運動不足解消エクササイズを紹介。プロフィール詳細

足を繰り返し故障するわけ?感覚のリハビリが必要

人の体には自然治癒能力が備わっているという説明を聞いたことがありますか?自然治癒能力とは 人間が本来もつ生命力(自然に病気や怪我を治す力、免疫力)そのもののことです。 これらは自然治癒能力によるものと考えられています。しかし、放置しておいても治るものと治らないものがあります。たとえば、擦り傷は治りますが、傷ついた深部感覚は治りません。深部感覚とは自らの運動で生じる内部の感覚です。もし、何かの競技の際におった怪我が治ったように思うのなら、それは「深部感覚は故障中だが、損傷部の筋、関節などが修復されスポーツ競技には適応できるようになった」ということになると思います。当然ながら「治ること」と「代償して適応したこと」は違います。足関節捻挫は癖になるといわれます。それは深部感覚が故障中のままなので、同じ箇所を繰り返し痛めることが考えられます。体の各部の痛みには深部感覚の評価が必要です。たとえば、足関節捻挫で固定すると一定期間動かさないことになります。程度にもよりますが、筋、腱、靭帯まで損傷が及ぶ場合は、深部感覚の受容器である固有感覚受容器の損傷が考えられます。そして、足関節の運動を制限するわけですから、外部または内部からの刺激が減少し、各感覚の働きは低下します。こうした場合、固定除去後は深部感覚の修復及び運動・感覚のリハビリをおこなうことが大切です。深部感覚が故障中の場合、以前のような動作のキレを感じない、何か関節の動きがしっくりこないなど、の感覚があります。

足の感覚トレーニング(牧神の蹄)

怪我を回復するためのリハビリ、パフォーマンスを高めるためのトレーニング、というのは、どれも体に対しておこないます。足の感覚トレーニングは、足の感覚と運動の循環を良好にするためにおこないます。リハビリにしても、トレーニングにしても、運動ばかりに偏る傾向にあります。同時に感覚を見直すことが大切です。

足のアーチ構造、感覚と運動の循環

足の親指は、常にブレーキ状態を続けることにより故障することがあります。故障中の親指には、親指が反る、親指が浮く、親指が変形する、などさまざまな状態があります。足の中で最も感覚が鋭い箇所は、足指の先端です。他の四趾においても、先端がセンサーとして働くはずなのですが、足指が故障中、浮き指、外反母趾、偏平足の場合は、刺激を感知できない状態にあります。これは、接地衝撃を緩和できず、ダメージを体に蓄積し、さらなる故障をまねく原因になります。足のアーチ構造を再構築するとともに、足の感覚と運動の循環を良好にすることが必要です。

股関節の回転力をアップするためには足指が必須?

スクワットや股割りなどの股関節のトレーニングでは、足指が欠かせません。足のアーチ構造は、小指・薬指の第5・4中足骨、立方骨、踵骨が土台、その上に親指・人差指・中指の第1・2・3中足骨、楔状骨、舟状骨、距骨がアーチを形成します。動作をする際は、足の小指・薬指側の土台が安定することで、体の各関節を自由にコントロールすることができます。動作の要となる股関節も同様に足の土台が安定することで、自由度の高い運動が可能になります。股関節の可動域が狭い、股関節が硬い、という場合は、足の土台が不安定な状態であることが考えられます。

足指トレーニング

足指トレーニングの目的は、足の感覚と運動の循環を良好にし、足の機能状態を正常にすることです。足がどのような状態なら正常なのでしょうか?まずは自分の足の状態を把握することからはじめて、自分の足の状態に必要なことをトレーニングしていくことが大切です。

接地衝撃からランナーの脚を守るための牧神の蹄を使った足の感覚トレーニング

長距離を走ると腸脛靭帯が痛くなるということで大腰筋の調整をし、体をリセットしました。その続きの動画で、筋肉が作用する足首の動きを理解する、趾節間関節の屈曲、牧神の蹄を使った足の感覚トレーニングをおこないました。

構造動作トレーニング・東京教室

第3日曜日(+前日の土曜日)
運動の質を根本から変える構造動作理論に基づく「足指トレーニング・足の感覚トレーニング」を指導します。

足指トレーニング・足の感覚トレーニング・パーソナルトレーニングをご希望の方

当院では、体の不調や故障を改善するための治療、健康増進やパフォーマンスアップのための施術をしています。ひとりひとりに最善のサポートができるようこころがけていますので、症状や気になることをできる限りお知らせください。また、遠方から来院される方や集中的にみてほしい方には個人指導・パーソナルトレーニングをしています。小学生からシニア、アマチュアからプロスポーツ選手までサポートさせていただいています。ご希望に応じて、再発予防、健康増進、パフォーマンスアップのトレーニングを指導しています。トレーニングは、人それぞれ体の状態が違いますので、体の状態に必要な内容を指導しています。当院はコロナ対応で業務をおこなっておりますのでご協力のほどよろしくお願い致します。

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はえにし治療院(MATAWARI JAPAN)・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。